会長挨拶

倶知安ロータリークラブ第58代会長 岩佐 信

入会4年目にして、 光栄なことに会長の任を授かることとなりました。 身に余る大役に身の引き締まる思いであります。 また、 このコロナ禍におけるタイミングにて、 若手として会長を務めるということには、 自身にとっても、 クラブにとっても大きな意味を持つものと捉えております。 テクノロジ一の発展により、 時代が進行するスピードは飛躍的に早くなり、 それによって時代は既に大きな変革の時を迎えていましたが、 コロナパンデミックにより、 図らずもそれに追い打ちをかけるかの如く、 そのスピードは更に加速度を増しています。 その様な時代において、 その早い変化にしつかりと順応していくことが最も重要であり、長い歴史を持つ倶知安ロータリ ークラブとしてもそれは同様であるといえます。

よって、 今年度の当クラブの標語としては、 「守るべき伝統を守り、 時代の変化に順応するクラブ運営」としたいと思います。

今年度の私の役割は、 守るべきものと、 変えるべきものを正しく見極め、 時代の流れに順応する為の必要な変化・変革を、 スピード感をもってクラブにもたらす事であると思っております。 そしてそれにより、 クラブ運営をより活性化し、 これまで以上に魅力的なクラブヘと成長させていくことで、 より若い世代の皆さんがロータリ ークラブに興味を持ち、その魅力に共感してもらうことができれば、 これも時代の流れにおける避けては通れない大きな課題の一つである、 「会員増強」にも、 正に繋がっていくものと確信しております。こうした考え方を前提とさせて頂けるのも、 正に時代に順応しようという高い意識を持った、 諸先輩会員のみなさまのご理解と、 サポー トがあってこそであります。

まだまだコロナ禍の厳しい状況は続く見込みですが、 そんな時だからこそ常に気持ちは前を向き、 そのポジティブマインドこそをパンデミックのごとく伝染させていき、 まずはクラブの空気を明る<作り上げていきたいと思います。 活動の範囲も制限される一年となることが想定されますが、 そんな中でもできる事をしつかりと見定めて行動して参ります。そして、 これまで培った伝統を地盤とし、 その盤石の土台の上に若い勢いを融合させることで、 倶知安ロータリ ークラブを新たなステージヘ引き上げていく一年とするべく、 精進して参る所存でございますので、 何卒ご指導ご鞭撻を賜ります様、 よろしくお願い申し上げます。


ロータリー歴

平成29年(2017-2018)入会
平成30年(2018-2019)理事・SAA・副幹事
令和元年(2019-2020)理事・SAA・副幹事
令和2年(2020-2021)理事・幹事
令和3年(2021-2022)会長